雑記

認知症は「成長」するの?大山のぶ代

LINEで送る
Pocket

cook-140234_1280
デイリースポーツ より

歌手の砂川啓介(78)が26日、都内で、1年ぶりとなるライブ「君は、独りぼっちじゃない・・・・?」の昼公演を行い、認知症で闘病中の妻で声優・大山 のぶ代(81)が食器洗いができるようになるなど、今月13日の病名公表以降、大山の症状に良い変化が出てきたことを報告した。

ライブ中盤、「妻のことを話さないといけませんね」と大山の話題を自ら切り出した。今月13日にラジオ番組で妻の病状を公表して以降、「カミさん、元気に なってきてるんですよ。これはいけるかなという気もしている」。歌も歌い、階段の上り下りもスムーズになったことを明かした。

15日の会見では、認知症を患っている大山の状態を「やんちゃな幼い娘」と表現していた砂川。病名公表を大山が認識できているかは不明だが、最近は、症状に変化がみえるという。

例えば食器洗い。これまでは大山が、油のついた食器を水だけで洗ってしまい、砂川が洗剤をつけて洗い直さなければならなかったが、「これ(洗剤)つけてと横にいたら、できるようになった。これだけでも成長したかなという気がする」とうれしそうに語った。

ライブでは“夫婦共演”も実現した。大山が会場に駆けつけることはなかったが、曲の合間に大山の声が流された。長年声優を務めた「ドラえもん」に似た声 で「懐かしい曲だね」「悲しい歌だね」という大山の声が流れると、砂川は「そうだよ、悲しい歌なんだよ」とかけ合いを見せた。音源はアルバムの曲紹介用に 自宅で収録した大山の声が使われた。

アンコールでは、「ペコ(大山の愛称)にささげようと思う」と米歌手フランク・シナトラの楽曲「My Way」を熱唱。計15曲を歌い上げ、最後は「砂川さんのライブに来てくれてありがとう。また会いましょう。バイバーイ」と大山の声で締めくくられた。

会場には親交のある九重親方(元横綱・千代の富士)や野球評論家の黒江透修氏が駆けつけた。

 

芸能人は病気や家族が亡くなったらマスコミに報告するのが義務?

毎回ね、思うんです。

ネットニュースや新聞で

  • ○○さんが、脳梗塞になった!
  • 瀕死の状態から回復した、○○氏
  • とても辛い、アスリート並のリハビリを乗り越え芸能界へ復帰した○○

 

とかね、見出しが並ぶんですよ。

芸能人てなんでも報告しなきゃならんのかと。

芸能人になった時から、もうプライベートはないんだなって。

売名行為に使う方もいらっしゃるでしょうけど、本人的には静かにしてて欲しいのではないのかな。

 

認知症の患者を見て「成長したな」って思うセラピストや医療職は考えを改めた方がいい

dependent-100343

この記事の中で、夫の砂川氏は、妻の大山のぶ代氏のことを「やんちゃな幼い娘」「成長した」という発言をしている。

この表現は、あくまでも家族から患者を見た表現です。

このブログを見ている方は医療・介護職の方がほとんどだと思いますが、あなた方の周りにいませんか?

もしくはあなた自身

  • 認知症の患者を子ども扱いしていたり、
  • 言葉使いが乱雑になっていたり、
  • すぐ忘れるから適当なこと言ってもわかんないでしょ?

中心症状やBPSDの区別も分からず、

  •  「○○さんは、認知症で指示が入らないからリハビリできません。」
  •  「○○さんは、すぐ怒るからお風呂に入ってくれません。」
  •  「○○さんは、すぐウロウロして、大人しくしてくれません」

職場で、こんな発言聞いたことないですか?

まだまだたくさん出てくると思います。

ニュースの見出しは視聴してもらうためのもの

Sponsored Link

ニュースの見出しや広告の見出しって

認知症が完全に回復します

みたいなニュアンスで書かれていることが多いですね。

これに引っ掛かってしまう当事者・家族が多いような気がします。

治る認知症と治らない認知症の区別

認知症予防と認知機能低下予防の区別

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。

またお越しください。

 

最後に応援をお願いします!
にほんブログ村 病気ブログ 理学療法士・作業療法士へ
にほんブログ村

もう一つ応援をお願いします!

人気ブログランキングへ

URL
TBURL

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

COMMENT ON FACEBOOK

Return Top